あなたに投げかけられた選択。それは.....
忌野清志郎 「B'zやGLAYの何万人がコンサートに集まったとかCDに何枚売れたとか統計の話にすぎない」←そらそうですよね。オリコンやTVのいう集客数は統計何ですから。オリコン見て統計の話だなんていうのはアホすぎる。音楽はlive でしか語りかけてくれないし「音楽の話がされてない」なんてアーティストとしてどうなんでしょうか。忌野さんは言葉に出来ない感動を知らないのでしょうか。音楽はliveこそ全てだと思う。
そしてあなたが選択した結果は.....
同意
これで間違いないですね? では、その理由を書いて下さい。

書き込み禁止事項
×ネタバレ
×出題と関係のない内容
×歌詞など著作権違反に該当するもの
×違法サイトへのリンク・リンク禁止のサイト
×アダルト・グロ
×個人情報・プライベートな内容
×B'zファンを不快にさせる内容
×誹謗・中傷などその他非常識なもの
※非常識な書き込みは書込み拒否設定(アクセス拒否)を行うことがあります。
ネタバレ禁止

ちなみに他の人は以下の理由を答えてます。
売上もTV報道もメディアが勝手にやってるだけでB'zは関係ないからな。そこ見て中身がないみたいな批判は的外れ。統計は統計であって音楽とは別物としての楽しみ方せんと。
間接的にLIVEを否定してるという。バンドならライブ聴いて判断しろとか思うもんじゃないんか
↓おいマジかよ恥ずかしいじゃねえか(by↓2)
↓ちょっと違う
↓「下種なPleasure」「木偶のTreasure」みたいなもんか。
内容なんてどうでも良かったと思う。90年代の音楽市場に対してであってその2組もとりあえず知ってるから名前出されただけ。反骨精神アピールに利用されただけやね。
GLAYのコンサートに何十万人集まったとか、B’zのベストアルバムが何百万枚だとか、だれそれの売り上げ総額が何十億だとか。でも、そこで何が歌われているのかとか、音楽そのものの話はまったく出てこない。 あれは「音楽の話題」じゃなくて「統計の話題」にすぎない 忌野清志郎